アイの契り。 ネタバレと感想

アイの契り。はいわゆる任侠マンガに近い設定なんですが、恋愛マンガ要素のほうが強いので、任侠マンガが苦手な人でも読めると思います。
ジャンルを細かく分類するとレディコミになりますから、
ストーリーはどちらかというと男女のほうに重点がおかれているし、ラブラブを楽しみたい!という人には物足りないかな?
ただ設定がしっかりしているし、背景の書き込みも細かいので、安心して読みふけってしまえる一冊。
レディコミではなく、普通の恋愛マンガとして読んでみたいと思う作品です。

 

アイの契り。 を読む

 

設定としては、中学の同窓会でこのみが再開したのは栄樹で、実はこの栄樹が任侠さん。
仕事がないこのみに、栄樹のところで住み込みで働かないかという話が出るわけですが、当然ながら友達や周囲の人は心配します。
しかしこのみは父親も亡くし、たった一人で暮らしていたわけで、さらに小学校のときにお母さんが亡くなったときにも栄樹は横にいてくれたことを覚えていたわけで。
栄樹は栄樹だから、と、多少どころかかなり天然ぷりな主人公このみですが、栄樹は優しい、栄樹は栄樹、それが好みの考え方なわけです。

 

2巻に入ると10年経っていて、2人子どももいるのですが、けっこうラブラブな感じが最初からあっていいですね。
私的には夫婦がお互い疑いあったり、仲悪くするよりも、ラブラブでいてくれたほうが好きなので、この展開はありだな、と。
何よりこのみの気遣いがいい。
会合が続く栄樹へお風呂を沸かしたり、ウコンを用意したりとした気遣いはもちろん、
運転手さんへのありがとう、小間使いさんに食器の位置を教えたり、みんなに慕われている感じも出ているのでOK。
最近読んでいたマンガが、親族揃って嫁いびりだったもので、本当にこういう話は救われる。

 

3巻はまた別の子が主人公です。
三男の良樹と菊子の話。
ただこの2人の話は、栄樹とこのみの話に比べて激しいです。
女子大を卒業した菊子は家業を継ぐために就活もしなかったんだけど、卒業式に迎えに来た良樹にバイクで連れ去られてしまう。
この良樹は次男で、栄樹の弟なんだけれど、本当は仙厳会の血を引いているのは栄樹ではなく、良樹のほうなんですね。
まあ、その辺がどう絡んでくるかも楽しめるポイントです。
菊子はツンデレなので、ツンデレ好きにもお勧めかも。

 

三男一樹と繭子の淡々と進んでいく静かなラブストーリーもあるんですが、良樹と比べるとギャップがすごいので、これはこれで話の構成としてはあり。
極道好きというよりも、違ったテイストの恋愛を楽しみたい方にお勧めです。

 

電コミ王おすすめの最強サイトはこちらから!

テーマ別・目的別・お悩み別のランキングはこちらから!

感想レビューの投稿をお待ちしています!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す