夢のような話はBLです。
タイトルだけ見たときは分からなかったんですが、出版社と表紙をみて、「あ、BLだった」と。
BL嫌いじゃないし読むんですけど、知らないで表紙とか見るとドキッとしてしまいますね。
特に私が見るのは学園物が多く、次に職業物なので、夢のような話のように、職場物はあまり慣れていなかったりします。
でも作者の桐祐キヨイさんは同人誌も描いていらっしゃる方で知っている作家さんなので、安心して読めました。
BL作家さんってあたりはずれ多いんですよね。。。

「夢のような話の漫画版ネタバレと感想」の続きを読む…

是-ZE-はボーイズラブなんですが、タイトルだけ見るとぜんぜんそんな感じがしません。
連載雑誌がディアプラスだから、確かにソフトなボーイズラブが多いよなぁとは思ったんですが。
ただファンブックや画集も出ているらしいんで、人気は高いんだなと思いましたね。

「是-ZE-の感想とネタバレ!実写映画化は?」の続きを読む…

逆運命の人の作者の上杉可南子さんは、別の漫画で知っていたので絵柄やストーリーの運び方はすぐに想像つきました。
ほかの漫画でもコミカルでテンポがよく、お気に入りの作家さんの一人です。

「逆運命の人ネタバレ!最終回の結末は?ラストがやばい・・・」の続きを読む…

アイの契り。はいわゆる任侠マンガに近い設定なんですが、恋愛マンガ要素のほうが強いので、任侠マンガが苦手な人でも読めると思います。
ジャンルを細かく分類するとレディコミになりますから、
ストーリーはどちらかというと男女のほうに重点がおかれているし、ラブラブを楽しみたい!という人には物足りないかな?
ただ設定がしっかりしているし、背景の書き込みも細かいので、安心して読みふけってしまえる一冊。
レディコミではなく、普通の恋愛マンガとして読んでみたいと思う作品です。

「アイの契り。 ネタバレと感想」の続きを読む…