eyebookの評判・評価

eyebook
eyebookには、過度な期待はできません。でも、「漫画でも読むか」というシンプルな衝動には応えてくれます。ネットリテラシー・機能的価値という言葉に抵抗のない方には、ナシなサイト。「ん?何言ってんの?」という方にはアリなサイトです。
月額 無料立ち読み
324~2,160 会員登録前可能
コミック閲覧用アプリ 閲覧形式
インストール不必要 ストリーミング
支払い方法
キャリア
端末連携 お問い合わせ
メール
対応デバイス
Softbankスマートフォン(iPhoneなど)
auスマートフォン(iPhone・Android au・Windows Phoneなど)
docomoスマートフォン(Xperia・Galaxy・ARROWS、MEDIASなど)
タブレット(iPad・Sony Tablet・Galaxy・ARROWS・MEDIAS・NEXUSなど)

 

アキナジスタ株式会社が運営するeyebookは、

30~50代の男性をターゲットにした格闘技・スポーツコミックのコンテンツが充実したサイトです。

(公式サイト)

 

そのため、サイト内では文字が大きく、少ないです。画像がメインで、ポンと置かれている箇所もあります。飲み物の自動販売機のように「見て、欲しいものを選んで、タッチすれば手に入る」設計になっています。

 

eyebook 画像 文字

 

それに準じて、特集されている作品やランキング上位の作品も、男らしい作品・オトナ向けコミックが大多数を占めています。また、SoftBank・au・docomoの携帯電話会社決済をご利用の方のみ楽しめます。

 

この時点でだいぶ人が絞られましたね(笑)ですので、eyebookを使うべき方は、「こまけぇこたぁいいんだよ!!」という方。男気あふれる方向けのサービスです。

 

それ以外の方は、ここから先は読んではいけません!

 

コース料金

保有できるポイントは、10000ポイントまで。これは「気がつけば請求額がとんでもないことになっていた・・・」を防いでくれる仕組みです。

 

それから、コースに入会する際には、通信環境を整えてから。途中で途切れると、正しくポイントが反映されないことがあります。

月額課金メニュー

コース名 月額 ポイント
300Pコース 324円 300
550Pコース 540円 550
1200Pコース 1080円 1200
2400Pコース※auのみ 2160 2400

 

ルールは以下のとおり。

  • 登録月より課金が発生
  • 使い切れなかったポイントは翌月に繰り越し

 

退会月に別コースへコース変更した場合

コースの乗り換えをする正しい手順は、

  • 旧コースを解約⇒当月内に新コースに入会

です。

 

ルールは以下のとおり。

  • 退会後も、当月末日まで持っていたポイントはなくならない
  • 当月は旧・新コースの2コース分の料金が発生(次月以降、旧コースは発生しない)

 

退会月に同コースへ再入会した場合

「今月、退会した。でも、やっぱりまた同じコースに入会した」という場合は、2社で対応が違っています。

spモード決済(docomo) ポイントの付与は翌月
再入会分の課金は発生しない
au簡単決済(KDDI)の場合 ポイントの付与は当月
再入会分の課金が発生する

 

個別課金メニュー

月額ポイントコース入会後は、必要に応じて、継続課金されないポイントの買い方もできます。

コース名 基本ポイント ボーナスポイント
500Pコース 540円 500
1000Pコース 1080円 1000
2000Pコース 2160円 2000

 

支払い方法

eyebookの料金支払いは非常にシンプルで、以下の2択です。

  • SoftBank端末・・・SoftBankまとめて支払い
  • docomo端末・・・spモード決済
  • au端末・・・auかんたん決済

 

どちらも毎月の携帯電話料金と合わせて請求されます。

 

リーダーは「BS Reader for Browser」

どの会社でも―とくにスマートフォン向けコミックサイトでは―取り入れられているビューワーです。これは、企業の立場からすると、初期費用を抑えられるためです。

 

私たちのメリットは、アプリのダウンロード無しでも、Webブラウザ上でコミックの閲覧ができること。

 

デメリットは、通信環境がないと話しにならないことと、お金のことを考えて定額の通信料契約が必須であること。

 

ダウンロード期限と再ダウンロード期限

ダウンロード期限 90~最大150日
日数はコミックによる
再ダウンロード期限 購入した日から90日~365日以内
日数はコミックによる

 

ちょっとわかりづらい表現ですが、何に対しての期限かというと、

  • ダウンロード期限=買ったコミックに対して
  • 再ダウンロード期限=一度ダウンロードしたコミックに対して

となります。

 

期限を超えると、買ったコミックが手元からなくなる、ということです。買っても所有できない。レンタルに近いかもしれません。

 

eyebookという名称が紛らわしいのは意図的?

私の結論を言います。

 

「冒頭であげた条件に当てはまる方以外は利用しないでください」

 

eyebookという名称は、Appleのibooksとそっくりですよね。これがかっこ悪いな、と。だって、気にならない?もしも、私が今からチョコレートのお菓子をつくるなら、どんぐりの山という名前はつけませんし、ブラックハリケーンという商品は作りません。

 

電コミ王おすすめの最強サイトはこちらから!

テーマ別・目的別・お悩み別のランキングはこちらから!

感想レビューの投稿をお待ちしています!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す