ロザリオとバンパイアのネタバレと感想【無料漫画で何もすることのない休日の過ごし方に】

何もすることのない休日の過ごし方として、男性のみなさんに漫画を読むことをおすすめします。

 

池田晃久原作の「ロザリオとバンパイア」は主人公つくねが、たくさんの女の子たちにモテモテの、両手に花どころかハーレム状態!

 

非常に羨ましい設定です。予定がないさみしい休日に、つくねになったつもりで読んでみてはいかがでしょうか?

ロザリオとバンパイアのネタバレと感想【無料漫画で何もすることのない休日の過ごし方に】

ネタバレと感想

主人公・青野月音(つくね)が入学してしまった陽海学園は、普通の人間が通うようなところではなく、吸血鬼や狼男、雪女や魔女など妖が集まる学校でした。そこで、人間であるつくねが、吸血鬼の力を赤夜萌香からもらって、数々の敵と闘っていくというストーリー。

 

そして出会う女の子たちみんなが、頼りないけど優しいつくねのことを、好きになり、取り合う日々です。女の私からしたら、つくねは、萌香のことが好きで両思いなのに、みんなに優しく、
気持ちに答えられなくても突き放さないところに若干イラっとするんですが、二人の恋愛関係もゆっくりと進んで行きます。

 

恋のライバルたちがそれぞれ絆を強めて行き、恋敵ではありながら友達としてもかけがえのない存在になっていく様子も読んでいて嬉しくなるところです。

 

萌香の中には戦闘の時現れる最強のバンパイア、通称裏モカが眠っているのですが、こちらの裏モカがまたクールで上から目線。穏やかで控えめな表モカと合わせたギャップでさらに男性の心を惹きつけるでしょう。

 

しかしモカがこのように二人の人格を持っていることには悲しい過去があり、表のモカは作られた人格だったと知ります。つくねを始め、仲間たちは困惑。でも、例え作られた人格だったとしても表モカのことが大切だと、みんなで出した答えには思わずうるっときてしまいました。

 

手強い敵や、一連の黒幕などが次々に登場して来るのですが、基本的にはいい意味で深くない内容なので、さらっと読めてしまうのも暇つぶしにもってこいの理由です。映画でも漫画でも、怪物や妖怪や魔法などがたくさんでてくるというだけでわくわくしてしまいますよね。

 

つくねのように元は人間でも、能力をもらうことができるなら、自分だったら何がいいかなぁーと考えてしまいます。最強の吸血鬼もいいけれど、やっぱりーどんな男性をも魅了するサキュバスがいいかなぁー。そうしたら、今とは違った人生だったかもしれません…。

 

何もすることのない休日の過ごし方に

ロザリオとヴァンパイアは完結していますが、シーズン2として、さらに戦闘が本格化している続編がはじまっていますので、次回の休日に続けて読むのもおすすめですよ。

電コミ王おすすめの最強サイトはこちらから!

テーマ別・目的別・お悩み別のランキングはこちらから!

感想レビューの投稿をお待ちしています!

このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたいみんなみている5つの電子コミック情報

    None Found

コメントを残す