式の前日を無料で試し読みできる漫画サイトを発見!思わずほろり。

式の前日無料試し読みできる漫画サイトを発見!

 

思わずほろり。

 

タイトルからしても結婚式の式のことなんだろうなというのは容易に想像できますよね。
前日というと・・・、両親への挨拶だったり、白無垢やウェディングドレスを正座して眺めて感慨にふけったり、思い出に浸ったりといったような話が多いんだけど、「式の前日」はちょっと違う

式の前日を無料で試し読みできる漫画サイトを発見!思わずほろり。

式の前日を無料で試し読みして思ったことを書いてみる

式の前日の作者について

作者の穂積さんはこれでフラワーコミックスの銀の花賞を受賞、デビューにいたったわけですが、正直言ってデビュー作って編集の直しがあるわけでもないし、デビュー作と今の作品がまったく違う作家さんって多いから期待していなかったんです。

 

でもこれは読んで正解

 

式の前日、感想

短編読みきり5作品のコミックスなんですが、どれも切なくていい
表題作は明日が結婚式という男女の1日になります。
仏壇に手を合わせているので両親はもういないのかなという感じ。

 

最初の部分を読み進めていくと、おそらく2人はもう同居していて、男の子のほうがたまねぎ嫌いとか、女性側もしっかり分かっているし、張り合いがないという言葉を発しているので、付き合いも長いんだろうな。

 

・・・と思っていたら実はこの2人姉弟でした。

 

姉を送り出す弟の話も珍しい、と思わず読み進めていったのですが、誰かを送り出すというのはこういうことなのかなと思わされる作品です。
私自身、兄弟の中で最初に結婚しましたから、送り出したことはありません。
でも、この話を読むと、みんなこんな気持ちで送り出してくれたのかなと、当時のことを思い出してウルッとすることもありました。

 

けっこう淡々と進んでいくのかなと、最初の数ページを見る限り思ったのですが、最後の最後でどんでん返しが待ち受けているので、正直「やられた!」と思いましたね。

 

以前からツイッターやブログなんかで話題になっていた作品だったので、けっこう気になっていたのですが、そういう意味だったのか、と思い知らされます。
最近の漫画に見られないメッセージのある漫画をしっかりとした構成で書いている漫画家さんです。

 

忙しいのか締め切りに追われるのかネタがつきるのか、作家さんの中にはオチがワンパターンだったり、結局何を言いたいのか分からない、どこにでもあるようなネタを持ってくることもあります。
しかし、本当に受け入れられる漫画というのは、どこかにメッセージが隠されていて、テーマがはっきりしているもの。
式の前日はそれがしっかりと書かれていました

 

慣れてくると失われてしまう作家さんも多いんですが、ほかの短編集を見ても、メッセージがしっかりあったので、将来有望といわれるのもわかります(投稿漫画はしっかり考える時間があるから一番出来がいいという編集さんもいるくらいです)。

 

とくに思わずほろりと泣きたいという方、結婚して数年の女性にお勧めの漫画です。

電コミ王おすすめの最強サイトはこちらから!

テーマ別・目的別・お悩み別のランキングはこちらから!

感想レビューの投稿をお待ちしています!

このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたいみんなみている5つの電子コミック情報

    None Found

コメントを残す